畑野マリリン

いつも体のどこかに土がついているマリリン

父、老健施設へ引っ越し促される

おはこんばんちは。

入院中の父の面倒は主に弟と妹に見てもらっているのですが、弟が先日からインフルエンザに罹りダウンしているようで、妹(弟からしたら姉)に電話があったらしく、要件は自分が行く予定だった老健施設へ代わりに行ってくれないかとお願いだったようで。

父が元気なので病院としては早く退院してほしいらしく、病院からの紹介で近くの老健施設を紹介されたので、金額が月8万以内なら決めて来てほしいという。

私の方も娘も退院して丁度休みだったので、では一緒に行こうという事で、妹の職場で午後待ち合わせをし、一緒に紹介された老健施設へ地図を片手に行きました。

 

妹の運転で私は地図を見る係、場所はすぐに分かったのですが、道幅が狭く急こう配が多い道で往生しました。

約束の予定よりも一時間も早く着いたので、この辺を散歩しようと駐車場に車を止めて歩き出したのですが、何とも言えない匂いが周囲から立ち上っています。

どんな臭いかというと、高齢者特有の体臭とアンモニア臭と消毒液が入り混じった様な悪臭でした。鼻が悪く臭いに鈍感な私でさえ、「ウップ」って言うほどの臭いです。

下水道から臭ってきているのか?と思いました。

妹が「近所の人、大変ね」と言いましたが、意外に臭いは慣れるもので、我が家は牛舎と豚舎が近くにありとても臭うようで、姉に「よくこんな臭いところに住めるね。」と言われたのですが、当の本人は臭いに慣れてしまって何も感じないのでした。

だから、そんなもんだよと二人で話ながら時間をつぶし約束の時間前に戻りました。

 

担当の方に施設の案内をしてもらいましたが、清潔で高台にある為景色が最高でした。

ここなら、「金額さえ予定内ならいいんじゃない」と二人で確認しました。

 

さて、見学が済みパンフレットをもらい詳しい説明がありました。

私たちが一番知りたいのは月々の支払金額です。

金額一覧表は渡されたのですが、提出書類の中で、負担限度額認定証がないと、月にいくら費用が掛かるか分からないとの事。

負担限度額認定証とは、定められた条件を満たすことで、介護保険施設を利用する際に支払う居住費と食費を軽減できる制度の事だそうです。

(住んでいる市区町村に申請すると発行してもらえる)

弟が他の書類は提出したが、その負担限度額認定証だけが申請はしたが1週間から2週間かかるらしく、届くのを待っている状態。

そういう事で、月にいくらかかるか分からないという事なので、では、その認定書が届き金額がはっきりしたら入所手続きをさせて頂きますという事で老健施設を後にしました。

 

弟に電話をし、父は老健施設へ移る事承知したのって聞いたら、まだ話してないというので、まだボケている訳でもないし本人が納得しなっきゃ老健へ引っ越しできないでしょという事で、妹と二人で父のいる病院まで説明に行くことにしました。

 

父はとても元気そうで、3人で談話室でお喋りをした後、かくかくしかじかと説明すると「分かった」と一言、母と大違いで自分のことより子供の事を考える父です。

長くなったので、続きは次回にします。

 

f:id:meeenjoi:20200114223915j:plain

記事に関係なく、黄色のガーベラ・陽射しがポカポカ

 

 

Good Iuck