畑野マリリン

いつも体のどこかに土がついているマリリン

チビデブ、ファッション

おはこんばんちは。

今日は久しぶりに、普段来ている服を写してみました。

チブでデブの体形でもオシャレを楽しんでいます。(それなりに)(^^ゞ

スタイルがよくて素敵な服を颯爽と着こなした50代ブログ等を見ていたら憧れますが、参考にしつつ、自分好みで(*^^*)

 

f:id:meeenjoi:20200117172522j:plain

まず、足短かっw

ユニクロのダウンベスト(カーキ)にユニクロホワイトジーンズ

両方とも着回しが幾通りもできるので便利です。

正直、服はめんどくさいけれどオシャレに見せたい」のオシャレ本で著者ののどかさんが「他に何色を持って来ても会う万能カーキ、コーデを全部辛口にしてくれる、しかも年齢的に合わないと諦めがちなフリルもリボンもカーキを投入するだけで、大人上品に着られるのです。」と言っているように、重宝しています。

 

f:id:meeenjoi:20200117183553j:plain

インナーはコンジュペイエのシャツ、カジュアルだけど少しオシャンティー

どうでもいいけど、畳のヘリ貧乏臭っ!スルーして下さいね(^^ゞ

 

 

f:id:meeenjoi:20200117183914j:plain

時々下をデニムのキャロットスカートに替えてきています。

普段持っている鞄もかけて撮ってみました。

 

f:id:meeenjoi:20200117184228j:plain

家で着る服、トレーナーはホコモモラ、襟が開き過ぎなのでインナーを着て。

ホワイトジーンズが私にとって万能選手です。

 

f:id:meeenjoi:20200117184821j:plain

白いブラウスの上からホコモモラのセーターを合わせて。

 

f:id:meeenjoi:20200117184957j:plain

セーターの下からブラウスのレース部分を出して着ると可愛い。

スカートとも合うよ。

 

f:id:meeenjoi:20200117185353j:plain

これもホコモモラのデニムと派手派手スカート ('◇')ゞ

この組み合わせが割と好きですが、上に黒のセーターを着たり色々合います。

スカートはインパクトがあり過ぎで、同じ場所には頻繁には着ないようにしています。

 

f:id:meeenjoi:20200117185821j:plain

今日は写真の撮り方の練習も兼ねて、色々な角度から撮ってみました。

畳のヘリが気になって😅

リビングでは暗くなってしまうので、場所の工夫が必要ですね。

今度靴や小物も合わせてみたいです。

 

ほぼ自己満足の世界です、悪しからず(^^;

 

 

Good Iuck

 

 

 

 

 

 

 

両親の面倒、誰が見るか

おはこんばんちは。

父を見舞って、退院後家には帰らず老健施設へ移ることを説明した帰りに車の中で妹がほんとは家に帰りたいだろうに、何一つ文句も言わず現実を受け入れている父が可愛そうだというが、仕方がない。

 

父の方は病院の方は一日も早く退院してほしいらしく、姉や弟それから妹にも急かすような電話があったようです。

妹に電話が来た時には側にいたので、早口でまくし立てていてイラついている様子と、大まかな内容は聞こえてきました。

まだ入所手続きもしていないというのに、「こちらは今週中に退院できるように進めています。」と言われたらしい。

結局、負担限度額認定証がこない事には話は進まないのでと説明するも、その申請した書類がどこで止まっているのか確認して返事をくれるようにという事で話は終わったらしい。

妹は電話口で何度も誤ってばかりいるので、病院側の強引なやり方に私は少しカチンと来たのでした。

 

翌日妹が仕事のため、代わりに電話をしてくれないかと頼まれたので、まだ申請して3日程しかたっていない事、早くて1週間はかかると言われたことを説明すると、「そういう事でしたら、書類が届いたらご連絡下さい。」とあっさりした返事でした。もっときつい事を言われるかと身構えていた私は拍子抜けでした。

 

実家で一人暮らしをしている母へ昨日電話をしたら元気そうで、父が元気なので退院するように言われているけど、家へ帰ってもお母さんが面倒見きれないし、仕方がないので老健施設へ移ることになった事を説明すると、母は私は夜淋しいし怖いからお父さんを家に連れて来てくれという。

 

ウ~ン、母にとっても父にとっても家が一番いいのは分かってはいるが、母はいいとして父は痛み止めとか薬を朝昼夜と飲ませないといけないし、いつ体調が悪くなるか分からないので、だれか一緒に住まないと無理だよなぁ~。

 

妹に仕事帰りにうちへ寄ってと電話をし、両親二人のこれからの事を考えると、実家から遠く離れた知らない土地で老健施設へ父を入れるのもかわいそうに思えるし、何かいい方法が無いだろうかと話し合ったのですが、老健施設へ支払う金額をもらって私が見たらどうかという話になり、親孝行だと思ってと言うが・・・

少し20%くらい揺らいだが、自分の家族をほっとけないしで考え込んでしまった。

 

家族と話してみるという事で、妹も帰っていったのですが、その日の夜に実家近くに住む姉(次女)から電話があり、マリリン実家帰って来て二人の面倒見てくれないかという。もうマリリンが頼みの綱だよと懇願される。

考えてみると電話を切ったが、母が仮病を使って姉達を一日に何度も呼び出しているらしく、わがまま母に振り回されて参っている様子。

 

やっぱり私も無理だわ~(~_~;)

明日、断りの電話を入れようと思うのでした。

 

f:id:meeenjoi:20200117004026j:plain

記事に関係なく、今日はジャガイモを掘って夕飯にシチューを作りました。

新じゃがで、大き目に切ったので美味しかった(*^^*)

 

 

Good Iuck

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父、老健施設へ引っ越し促される

おはこんばんちは。

入院中の父の面倒は主に弟と妹に見てもらっているのですが、弟が先日からインフルエンザに罹りダウンしているようで、妹(弟からしたら姉)に電話があったらしく、要件は自分が行く予定だった老健施設へ代わりに行ってくれないかとお願いだったようで。

父が元気なので病院としては早く退院してほしいらしく、病院からの紹介で近くの老健施設を紹介されたので、金額が月8万以内なら決めて来てほしいという。

私の方も娘も退院して丁度休みだったので、では一緒に行こうという事で、妹の職場で午後待ち合わせをし、一緒に紹介された老健施設へ地図を片手に行きました。

 

妹の運転で私は地図を見る係、場所はすぐに分かったのですが、道幅が狭く急こう配が多い道で往生しました。

約束の予定よりも一時間も早く着いたので、この辺を散歩しようと駐車場に車を止めて歩き出したのですが、何とも言えない匂いが周囲から立ち上っています。

どんな臭いかというと、高齢者特有の体臭とアンモニア臭と消毒液が入り混じった様な悪臭でした。鼻が悪く臭いに鈍感な私でさえ、「ウップ」って言うほどの臭いです。

下水道から臭ってきているのか?と思いました。

妹が「近所の人、大変ね」と言いましたが、意外に臭いは慣れるもので、我が家は牛舎と豚舎が近くにありとても臭うようで、姉に「よくこんな臭いところに住めるね。」と言われたのですが、当の本人は臭いに慣れてしまって何も感じないのでした。

だから、そんなもんだよと二人で話ながら時間をつぶし約束の時間前に戻りました。

 

担当の方に施設の案内をしてもらいましたが、清潔で高台にある為景色が最高でした。

ここなら、「金額さえ予定内ならいいんじゃない」と二人で確認しました。

 

さて、見学が済みパンフレットをもらい詳しい説明がありました。

私たちが一番知りたいのは月々の支払金額です。

金額一覧表は渡されたのですが、提出書類の中で、負担限度額認定証がないと、月にいくら費用が掛かるか分からないとの事。

負担限度額認定証とは、定められた条件を満たすことで、介護保険施設を利用する際に支払う居住費と食費を軽減できる制度の事だそうです。

(住んでいる市区町村に申請すると発行してもらえる)

弟が他の書類は提出したが、その負担限度額認定証だけが申請はしたが1週間から2週間かかるらしく、届くのを待っている状態。

そういう事で、月にいくらかかるか分からないという事なので、では、その認定書が届き金額がはっきりしたら入所手続きをさせて頂きますという事で老健施設を後にしました。

 

弟に電話をし、父は老健施設へ移る事承知したのって聞いたら、まだ話してないというので、まだボケている訳でもないし本人が納得しなっきゃ老健へ引っ越しできないでしょという事で、妹と二人で父のいる病院まで説明に行くことにしました。

 

父はとても元気そうで、3人で談話室でお喋りをした後、かくかくしかじかと説明すると「分かった」と一言、母と大違いで自分のことより子供の事を考える父です。

長くなったので、続きは次回にします。

 

f:id:meeenjoi:20200114223915j:plain

記事に関係なく、黄色のガーベラ・陽射しがポカポカ

 

 

Good Iuck

 

 

 

 

 

成人の日で思い出すこと

今日は成人の日でしたね。

成人を迎えられた方、そのご家族の方々おめでとうございます。

 

私が成人式を迎えたのは?約40年前正確には39年前(どうでもいい)ですが、

姉のお下がりの着物を着て写真を写しました。

チビデブ美人なのでw着物が全然似合わず、まるで七五三でした。

オマケに美容室の方が日本髪にしましょうか?なんていうものだから他の人と違った服やファッションが好きな私は、日本髪がどんなものかも知らずに、ハイと答えてしまって後の祭でした。時代劇に出てくるあの髪型でした(T_T)

という事で、捨てるに捨てられない成人式の写真、押し入れの奥に締まってありますが、死ぬまでには捨てようと思っています。

 

あと、成人式で思い出すのは息子が小学生の頃、小2から少年サッカーチームに入っていたので、あっちこっちの学校で練習試合をやっていて、父兄はお茶の準備、テント係等、色々当番があったのと応援のためほぼ毎回参加だったのですが、ある年の成人の日に中学のグランドを借りて試合をしたことがありました。

そこの中学の卒業生が晴れ姿を先生や後輩に見せるためでしょう、校門から羽織袴で数人が入ってきました。

皆派手な羽織袴ですが、中に一人頭の上に大きなハート型を作って、その他の部分だけを剃っていて、ハートの頭が馬鹿みたいに目立つ子がいましたw

いわゆる、世間一般で言うところのヤンキーです。

 

その時は息子まだ天使のごとくお利口さんだったので、いったいどういう風に育てたらこんな風になるのだろうとその頃は思ったものです。

しか~し、数年経ち息子が中学生になりました。

その頃から反抗期が始まり、日増しにエスカレート(~_~;)

部活(サッカー)は行かなくなり、学校でたばこは吸って学校に呼ばれること数回、友達と自転車を盗んで乗り回したりとか色々やらかしてくれて、弁償と御詫び行脚の毎日

注意すると帰ってくる言葉は「死ね、くそばばぁ」どんなにひどい言葉を言われても

「死ねっ!」なんて言葉は絶対に口にするまいと思っていたのですが、毎日言われ続けているうちに、売り言葉に買い言葉で、「お前が死ね」と言ったこともあります。

制服も痩せているのに3Lサイズのズボンを腰まで下げてはいていて、ボンタンというのでしょうか?あの漫画で見るようなツッパリファッション、裾も引きずっているので、負けるものかと夜に裾上げをしたら朝プツっと糸を切って、またずるずると引きずって歩いていく、夜また裾上げの繰り返し、あと私の方が根負けして諦めてしまいました。

夫が注意すると、歯向かって来て大変なことになります。

もちろん手加減はしていたと思うのですが、男同士なので毎日ハラハラ、途中でもういいよお父さんと止めに入ったことも何度かあります。

まるで嵐の様でした。

サッカーは好きだったのでしょうね、中2から部活に参加するようになり、高校でも続けて、今も社会人チームでやっているようです。

 

その頃に思ったのでした。

あの成人式の日にハート形に刈り込んだ頭を自慢そうに見せに来た青年を笑ったけど、もし息子が同じような頭をして帰ってきても私は「あぁ、やっぱり」くらいで驚かなかったと思ったし、それと同時に人の事を絶対に笑うものではないと強く思ったのでした。

 

今となっては笑い話ですが・・・

今ではすっかり優しい父親になり、人の事を思いやれる大人になりました。

もしも今子供の反抗期で悩んでいる方がいたら、心配しないで大丈夫よと言ってあげたいくらいです。

 

f:id:meeenjoi:20200114000858j:plain

 記事に関係なく、エケベリアの交配種(ピンウイール×シャビアナ)

 

 

Good Iuck

 

 

 

 

 

花友、庭の断捨離する

おはこんばんちは。

今日は北風が強く、まるで春の嵐

外での作業が思うように進みませんでした。

 

昨日花友さんから「鉢沢山あるけどいる~?」と電話があり、早速もらいに行くことにしました。

昨年くらいから庭の断捨離をしている様子。

花好きで、山野草、ラン、ホヤ、多肉植物等色々変わった植物で一杯の庭でしたが、久々に行くと随分スッキリしていました。

 

彼女曰く、「もう高齢だから、植物も手入れが大変なのでこれ以上殖やさない」との事。花木の手入れで最近肩も傷めたとぼやいていました。

 

f:id:meeenjoi:20200112205710j:plain

 

f:id:meeenjoi:20200112205752j:plain

 

f:id:meeenjoi:20200112205831j:plain

 

f:id:meeenjoi:20200112205911j:plain

 

f:id:meeenjoi:20200112210006j:plain

 

花友さんのお庭、許可を得て写真撮らせていただきました。

素敵です♪

 

f:id:meeenjoi:20200112210243j:plain

それで、私はいらなくなった鉢👆を頂いてきました。

 

花友と言っても彼女は私より10歳くらい先輩です。

帰りながら、ㇷと10年後自分の庭どうなっているだろうか?

こんなに鉢もらって大丈夫かなんて、考えてしまいました。

大丈夫、綺麗に寄せ植えして売ればいいんじゃないって気持ちを切り替えて

貰った鉢を洗って、寄せ植えに使います(^^)/

 

話は変わりますが・・・

 

先日お店に来たお客様が、我が家に咲いている花を見て「この花は毒があると思うよ」とおっしゃいました。確か名前は「ホシアザミ」との事、早速調べてみると、確かに

有毒植物
ホシアザミ(キキョウ科)は西インド諸島原産の多年草で、世界の熱帯に帰化雑草として広がっているそうで、植物中に含まれている白い汁が一滴、目についただけで失明すると言われ、皮膚につくと炎症を起こします。また、あやまって口に入ったりすると口の中が火傷をしたようにヒリヒリするそうです。心臓や神経系に作用するロベラニディンやロベリンといったアルカロイドが含まれているそうです。
 一見、綺麗な花なのですが、決して触ったりしないで下さい。 

 

と言いう説明文を見つけました。

可憐な花で大好きだったのに、無知って怖いですね。

私一人なら構わないのですが、孫っちsが遊びに来るので、触ったりしたら行けないので仕方なく引き抜いて捨てました。残念ですが仕方ありませんね。

 

f:id:meeenjoi:20200112212137j:plain

 ホシアザミ👆こんなに可愛い花なのに💦

お客様に教えてもらってよかった。

 

Good Iuck

 

高齢者のお金事情

おはこんばんちは。

今年初めて会う人には「今年もよろしくお願い致します。」と挨拶しているものの、

そろそろお正月気分も抜けてきましたね。

 

昨年から私を含め子供たちに手を焼かせてきた母が、昨日から本格的に一人暮らしを始めました。幸い、ヘルパーも一時的に休みという形にしていたので、復活の手続きはすぐにできたようです。

ヘルパーさんには午前中部屋の掃除と洗濯、午後夕食の準備、週2~3回のお風呂等をお願いしています。

近所に親戚のお姉さん(70歳未亡人)がいるので、毎日来て下さるようでそんなに淋しさも感じないのではと思っています。

まぁ、昨年の経験もあるので母もやっぱり自分の家が一番と実感したらしいので、すぐには根を上げるようなことはないと思うのですが、まだ始まったばかりなので何とも言えません。今回もしも一人暮らしが無理だった場合、有料老人施設へ入れるしかないという事になっているのですが・・・

 

夕方妹が我が家へやって来て、これから先高齢の両親にいくらくらいお金が必要かという話題になりました。

 

実家の近くに住む伯母さん(母の姉92歳)が歩けなくなったので、やはり昨年地域の老人ホームへ入所したらしいのですが、月10万以上掛かっているらしく、足りない分は子供たち(私からすれば従妹)が出し合って賄っているとの事。

子供たちと言っても年金で生活している人もいれば、家を建てたばかりでローンもこれからという人もいる様で、大変だわとの話。

 

また、叔母さん(母の弟の奥さん82歳)は認知があるので別の施設に入所しているが、やはりそこも15万くらいは月に出るという事ですが、こちらは元々親の財産を継いでいるし、お金の心配はないようです。我が家の母が、もし施設に入所になった場合を考えるとやはり月15万以上は掛かるようで、しかも父は昨年肺がんの末期だと宣告を受けたにもかかわらず、むっちゃ元気で('◇')ゞ

入院先の病院から退院してどこか施設へ移るように促されていて、そこは弟が当たってはいるが、病院だと月5万ほどの支払いで済むのだが、施設となると7万以上は掛かるらしい。色々なところからの情報を集めて、姉妹でビビっているという話になるのですがw

母は、今でこそわがままが強く出て子供たちを困らせていますが、一つ見習いたいところがあって、それはお金の使い方。

決してケチではないが、倹約化で食材を無駄にせず慎ましく暮らしていたので、年金暮らしですが、持ち家なので家賃も出ず食費も野菜などは自分で作ったり周りから持って来てくれたりで、一番使うのは交際費だと常日頃から言っていました。

父と自分二人の葬式代と言って一千万くらいは貯めていたようです。

世間の平均額から言って少ない方だと思いますが、少ない年金でよく頑張ったなぁ見習いたいと素直に思ったものです。

 

ところが弟が数年前に家を建てた時に、半分はお祝いとしてあげたので、約500万が手元に残ったようなのですが、男は弟一人なので、そのことに対して姉妹誰も文句を言う人も出ず、親が施設に入る時にどれほどのお金が必要かなどまだ考えが及びもしなかったのです。

 

もしもこれから先、両親二人分の施設代(月約23万~25万)を支払う事になったら、わずかな貯金は、あっという間になくなります。その後姉妹で出しあえるかというと、妹は「私は娘(高校生)をこれから専門学校に行かせないといけないので、1万円でも出すのは無理」と言いました。

私も今は夫一人の収入に頼っている状態で、住宅ローンが定年後も残るのでちょっと厳しいかな」

上の姉3人はすでに年金暮らしだし、「現実は厳しいね、いざとなったら畑売ればいいさ」と二人で話しているうちに、笑い事じゃないねと言って笑いました(^^ゞ

 

 

話はあっちこっち飛びますが・・・

 

先日テレビ(世界ふれあい街歩きだったかな?)で、カナダのマンションに住む女性を写していたのですが、このマンション売りに出しているところよ、買わない」と言い、子供たちも独立し、夫も亡くなったので生活を縮小する時期なのって明るく言っていたのがとても印象的でした。

 

多分、私の住む地域では土地や家は簡単には手放さないと思うのですが、そんな風に割り切って物事を考えると次どこに住むか、どんな家に住むか考えると老後も楽しそうと思ったのでした。

長くなったので、今日はこの辺で(^^)/

 

f:id:meeenjoi:20200109235515j:plain

今日の朝食、行儀悪いけどトーストはいつもキッチンペーパーで

食べ終わったらテーブル拭けるしね(^^ゞ

 

 

Good Iuck

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘の退院する日が決まった

おはこんばんちは。

今日、娘が今週土曜日に退院することになりました。

ホッと胸を撫で下ろしています。

実は3日前に娘から電話があり、担当医から家族の方にお話があるから水曜日(今日)11時に病院へ来るように言われたとの事。

 

娘は最初持病の全身性エリテマトーデスの再燃を心配していたのですが、再燃の場合は急に高熱が出るようなことはなく、微熱が続くらしく、体の血液の中に細菌が入っていて、いわゆる感染症で、どこから体に入ったのかどこで悪さをしているのか?原因を調べている最中の事だったので、ん、まさか悪い話ではと内心心配していたのです。

 

11時ちょっと過ぎに先生がいらして、看護師に談話室の様な部屋へ案内され、今日は夫と二人で病院へ出向いたので娘本人も含めて3人にデータを見せながら、救急車で運ばれてきた当初から、症状とどんな検査をしたか、これまでやってきた治療法など一通り説明がありました。

 

細菌は肺炎などの場合に検出される菌だと判明したらしいのですが、肺炎の症状(咳等)が全くなく、腹痛が一番ひどかったのが腑に落ちないとの事でしたが、菌の値がほぼ正常値になっている事、体調が良い事、幸い膿が溜まるような種類の菌ではない事等の理由で、菌を退治する抗生剤の点滴を今日から薬に変更し、土曜日に退院の予定という説明を受けました。

私の取り越し苦労で、逆に退院予定のいい話でした(^^)/

一安心です。

慎重に診察治療をして下さった先生をはじめ、スタッフの方々に心から感謝です。

 

先生が説明の後娘に、「この病気(全身性エリテマトーデス)はちゃんと薬を飲んで、上手くコントロールすれば、勿論普通の生活ができるし、結婚、出産も可能ですから頑張って下さい。」とおっしゃったので、とても嬉しくなりました。

 

f:id:meeenjoi:20200108222056j:plain

記事に関係なく、アロエの花

 

今日は北風が強く、仕事になりませんでした(;'∀')

 

 

Good Iuck