畑野マリリン

いつも体のどこかに土がついているマリリン

成人の日で思い出すこと

今日は成人の日でしたね。

成人を迎えられた方、そのご家族の方々おめでとうございます。

 

私が成人式を迎えたのは?約40年前正確には39年前(どうでもいい)ですが、

姉のお下がりの着物を着て写真を写しました。

チビデブ美人なのでw着物が全然似合わず、まるで七五三でした。

オマケに美容室の方が日本髪にしましょうか?なんていうものだから他の人と違った服やファッションが好きな私は、日本髪がどんなものかも知らずに、ハイと答えてしまって後の祭でした。時代劇に出てくるあの髪型でした(T_T)

という事で、捨てるに捨てられない成人式の写真、押し入れの奥に締まってありますが、死ぬまでには捨てようと思っています。

 

あと、成人式で思い出すのは息子が小学生の頃、小2から少年サッカーチームに入っていたので、あっちこっちの学校で練習試合をやっていて、父兄はお茶の準備、テント係等、色々当番があったのと応援のためほぼ毎回参加だったのですが、ある年の成人の日に中学のグランドを借りて試合をしたことがありました。

そこの中学の卒業生が晴れ姿を先生や後輩に見せるためでしょう、校門から羽織袴で数人が入ってきました。

皆派手な羽織袴ですが、中に一人頭の上に大きなハート型を作って、その他の部分だけを剃っていて、ハートの頭が馬鹿みたいに目立つ子がいましたw

いわゆる、世間一般で言うところのヤンキーです。

 

その時は息子まだ天使のごとくお利口さんだったので、いったいどういう風に育てたらこんな風になるのだろうとその頃は思ったものです。

しか~し、数年経ち息子が中学生になりました。

その頃から反抗期が始まり、日増しにエスカレート(~_~;)

部活(サッカー)は行かなくなり、学校でたばこは吸って学校に呼ばれること数回、友達と自転車を盗んで乗り回したりとか色々やらかしてくれて、弁償と御詫び行脚の毎日

注意すると帰ってくる言葉は「死ね、くそばばぁ」どんなにひどい言葉を言われても

「死ねっ!」なんて言葉は絶対に口にするまいと思っていたのですが、毎日言われ続けているうちに、売り言葉に買い言葉で、「お前が死ね」と言ったこともあります。

制服も痩せているのに3Lサイズのズボンを腰まで下げてはいていて、ボンタンというのでしょうか?あの漫画で見るようなツッパリファッション、裾も引きずっているので、負けるものかと夜に裾上げをしたら朝プツっと糸を切って、またずるずると引きずって歩いていく、夜また裾上げの繰り返し、あと私の方が根負けして諦めてしまいました。

夫が注意すると、歯向かって来て大変なことになります。

もちろん手加減はしていたと思うのですが、男同士なので毎日ハラハラ、途中でもういいよお父さんと止めに入ったことも何度かあります。

まるで嵐の様でした。

サッカーは好きだったのでしょうね、中2から部活に参加するようになり、高校でも続けて、今も社会人チームでやっているようです。

 

その頃に思ったのでした。

あの成人式の日にハート形に刈り込んだ頭を自慢そうに見せに来た青年を笑ったけど、もし息子が同じような頭をして帰ってきても私は「あぁ、やっぱり」くらいで驚かなかったと思ったし、それと同時に人の事を絶対に笑うものではないと強く思ったのでした。

 

今となっては笑い話ですが・・・

今ではすっかり優しい父親になり、人の事を思いやれる大人になりました。

あの頃の自分に、心配しないで大丈夫よと言ってあげたい。

 

f:id:meeenjoi:20200114000858j:plain

 記事に関係なく、エケベリアの交配種(ピンウイール×シャビアナ)

 

 

Good Iuck